(新)さんっ、ななっ、はっち ~本店~

新しい『さんっ、ななっ、はっち ~本店~』です

あれ、上海豫園 本館@横浜中華街ってこの程度だっけ?

中華街をウロウロし疲れて疲れた俺ら。
そろそろ帰る時間が近づいてきている。
ちょっと減ったコ腹をさすり、〆には小籠包も麺も
美味しかった記憶があった上海豫園 本館となったのよ。

お探しの店舗のページはありませんでした


より大きな地図で 食い処[378] を表示
以前来たのは5年前で、名前がまだ九龍 上海豫園別館だったはず
北海道から遊びに来た7担当の人のパパママが一緒で、
料理もさることながら店員さんのあたりも凄くよかった。
で、今回。
訪れたのは16時くらい。
俺らの他には一組の客の入り。
そんなに腹が減って無かったので、飲み物に青島ビールとプーアール茶。
食べ物はとりあえず鮮肉小籠包とネギ麺。
店員さんは、それだけ?的な大陸的接客(笑)
あれ、前来た時はこんなんじゃなかった...そう感じたけど、
5年も経てば店員も変わるわな、と気にしていなかった。

ビールと茶で喉を潤す俺ら。
飲んでばっかだな(笑)
なんて笑いながら今日の中華街散策の話をしているとネギ麺の登場。

あれ、なんか思い出に残っているネギ麺と違うような...。
そう思いながら一口すすると...( ´∀`)ウマーイ。
以前の記憶なんかどうでも良くなってウマーイの一言。
相変わらず具はネギのみという潔さで、その辛さがいい。
口がネギ臭くなるなんて考えちゃいけない。
美味いは臭い(笑)。


二人で丼を譲り合い麺を啜っていると鮮肉小籠包が登場。

アチアチの肉汁とスープがわき出すから要注意な、
なーんて笑いながら恐る恐る食べると...。
アレ、肉汁スープは?アレ?アレレ?と。
厚めの皮に包まれたその餡からはスープがこぼれ出てこない。
納得いかず、もう1コ。慎重にレンゲに運び、
ひだの合わせ目をちょと囓りスープを吸い付く。
が、出ない。
7担当の人を見ると同様にスープの出ない小籠包に無念の表情を浮かべている。
他の小籠包はともかく、鮮肉小籠包だけは美味かったのに、
それさえもイマイチな感じになっちゃったのかぁ、と。
スープがこぼれ出ない事をのぞけば、餡も美味いし
それなりな感じだけど、それだったらここじゃなくても...
そんな思いで一杯になっちゃってね。
それでももう一つのお気に入りである大根細切り上海焼パイを食べようか迷っていると、
もう食べましたか?の問いに俺らからの答えを聞く前に箸や取り皿を下げられたので、
なんだか『もういいや』的な気分になって店を後にしたのでしたー。
ごちそうさん


【関連記事】
九龍 上海豫園別館@横浜中華街 - さんっ、ななっ、はっち 〜本店〜


上海豫園 本館上海料理 / 石川町駅日本大通り駅元町・中華街駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8