(新)さんっ、ななっ、はっち ~本店~

(新)さんっ、ななっ、はっち ~本店~

新しい『さんっ、ななっ、はっち ~本店~』です

昼から焼き鳥が食べたくなったのでやきとり家 すみれ@武蔵境へ

土曜出勤分の代休ということで午後半休...
13時前には退勤してどこかで焼き鳥食べながら、
一杯引っ掛けて帰ろうかなぁ、なんて目論んでいたら、
なんだかんだで仕事が終わったのが15時過ぎで。
さて、どうしたものか...と思いつつ、7担当の人に連絡すると
武蔵境にいるって言うじゃない。なら、すみれ?となってね。

ギョースー(笑)でナントカ醤を購入した7担当の人と落ち合い、
すきっぷ通り入口にあるやきとり家すみれへ向かう。
どうやら一番乗りだったらしく良きボックス席に案内される。
16時過ぎだけど、まだ陽も高いので昼呑み気分が盛り上がる。

まずはガチみかんサワー&生中で乾杯ですよっと。

なんで陽の高い時に飲むビールって美味さがマシマシになるんだろうねぇ。

焼き鳥ができるまでのつなぎで発注したねぎ塩ダレのコリコリ砂肝。

これがまたいいのよね。気持ち良い歯ざわりと塩味でビールが捗る。
7担当の人はフレッシュマッシュルームの森サラダ。

生マッシュってなにがいいの?と思う俺を横目にモツモツと食べる。
で、10分くらいで焼き鳥(塩)が一気に出揃う。
ひなトロ&せせり

やげんなんこつ&ねぎま

砂肝

トロはつ(ごま油塩)

ふんわりつくね(テリマヨ)



ひなとろ(ふりそで)には、程よい弾力の肉とさっぱりとしたたっぷり脂が良き。
もも肉よりこっちの方が好きかも!
せせりもふりそでとは違った肉の弾力とジューシーさがビールを呼ぶ。
トリッキーを使うのもなかなか楽しいけど、口角を脂で汚しながら
串にかぶりつくのもまた良きもので。

やげん軟骨はパリンパリンと音が響くくらい気持ちいい。
音まで美味しいヤゲンってなかなかないわよ。
ひなトロを食べた後だと、ねぎまはちょっと脂が重く感じちゃうけど、
そこはねぎがいい仕事をしているのでやっぱ美味い。
ねぎだけ食べてもいいくらい(笑)
砂肝もジョキジョキの歯ごたえがいい。
冷製の塩ダレ砂肝もいいけど、熱々も良き。
それと意外にと言っちゃ怒られるかもだけど、つくねのテリマヨが良かった。
ほんとふんわりであっつあつ。これ、丼にしたらさぞ旨かろう、
と思ったのだけど、前回来た時に食べられなかったラーメンを狙っていたので断念。
で、そのラーメン。頼んだのは濃厚鶏白湯ラーメン(レギュラー)

クチビルがぷるんぷるんのぺっとりになるほど濃厚なスープ。
いい意味で鶏くさくて、なんぼでも飲めそう。
そのスープに細麺がよく絡む。これ、いーねー。
超しっとりな鳥ハムも良かったなぁ。ゆずすこかけると更に良き。

とまぁ、1時間ちょっとで大満足の大満腹。
2人とも憑き物がおちたように焼き鳥食べたい病から開放されたのでした(笑)
焼き鳥が美味しいのに、服に匂いがつかないのもいいし、
なによりその焼き鳥が美味しいのもいい。
距離感がちょうどいい接客も気持ちいい。
また来よう!ごちそうさまでしたー( ´ ▽ ` )ノ


【関連記事】
378.hatenablog.com


やきとり家すみれ 武蔵境店焼き鳥 / 武蔵境駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4